FC2ブログ
ホンダトータルサポート:レフィル

カテゴリー

最新の記事

最新のコメント

トラックバック

記事検索

月別アーカイブ

ホンダトータルサポート:レフィル
そろそろ水抜きを・・
2月に入って日中の気温は多少上がる様になって来ましたが、朝晩はまだまだ冷え込みが厳しいですね。一日の気温差が大きくなって来るといろいろな所で結露が起きてきます。車のガソリンタンク内でも結露はおこります。タンク内で日中暖まった空気が夜になると急に冷えて、空気中の水分が水滴になりタンク内に溜まってしまいます。そんなに多量は溜まりませんが、そのままにして置くと鉄製のタンクだと錆びの原因にもなりかねませんし、燃料ラインや、インジェクターなどにも影響が出る可能性も有ります。そこでモチュール、「フューエルシステムクリーン」の紹介です。そう来たかって感じでしょ(笑)
DSCF0030.jpg
水抜き剤と呼ばれる物はアルコールベースかナフサベースが一般的な物で、アルコール系水抜き剤は水には溶けるけどガソリンには溶けません。逆にナフサ系はガソリンには溶けるけど、水には溶けません。
このフューエルシステムクリーンは、化学合成溶剤でガソリンと水の両方に混ざるので水抜きの効果も抜群です。どの位混ざるかを近所で買った水抜き剤と比較してみました。試験管に水5:ガソリン5:水抜き剤1の割合で入れます。
DSCF0016.jpg
右側がモチュール、左が他社品です。ガソリンと水が分離して重い水が下に沈殿しているのが分かりますね。これを車が揺れる感じで振ってよく混ぜます。
DSCF0017.jpg
まぜまぜ、ふりふり
DSCF0018.jpg
すると・・・
DSCF0022.jpg
振った直後の状況ですが、フューエルシステムクリーンは完全に混ざり合って白濁した状態です。他社品はすでに分離が始まっている様な・・・

DSCF0023.jpg
5秒後

DSCF0024.jpg
10秒後

DSCF0029.jpg
30秒後他社品は、はっきり分離しているのが分かります。

DSCF0032.jpg
そして時は流れ・・・3時間後モチュール、フューエルシステムクリーンは混ざったままです。この状況からも水抜き効果が高いのが見て取れますよね。水抜き効果の他にも特殊清浄剤が入っているので、吸気系に付着したカーボン類の溶解効果も有り、タンク内や燃料系をクリーンにしてくれます。ガソリンタンク内は見えない所なので、水が混在していない車も有るかもしれないけど、愛車が心配な方は是非入れてあげて下さいね。ちなみに翌朝まで放置して見たらフューエルシステムクリーンも半分くらい分離してました。
DSCF0030.jpg
モチュール フューエルシステムクリーン300ml(四輪用)
¥3,675

使用方法:ガソリンタンクへ注入(ガソリン約50~60Lに本液1本を注入)

http://www.motul.co.jp/product_line_up/motul_care_system/mcs02.html
レフィルブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<used-partsのお知らせ | ホーム | SEV貸し出し品にアイテム追加>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示する

トラックバック
トラックバックURL
http://refilspeed.blog11.fc2.com/tb.php/84-c0282eb7
| ホーム |