FC2ブログ
ホンダトータルサポート:レフィル

カテゴリー

最新の記事

最新のコメント

トラックバック

記事検索

月別アーカイブ

ホンダトータルサポート:レフィル
ハイランドテスト
兼ねてからテストや仕様変更をしてきたユーロR用ストリートダンパーのサーキットテストの為にハイランドへ行ってきました。
今回テストするダンパーはクアドラコンフォートスペックダンパー、テインMONO FLEXレフィル仕様とMONO FLEX吊るしのバネレート変更仕様の3タイプです。
車両はレフィルのユーロRと今回はユーロRオーナーさんにも協力をいただいての2台体制、ドライバーは辛口評価で有名な佐々木 雅弘選手にお願いしました。S耐車両や有名チューニングショップの車両セッティングでも高い評価を得ている人気と実力を備えたドライバーですから今回の走行結果は今後のダンパーセッティングに十分に活かしたいですね。
 P1090926s-.jpg
 P1090887s-.jpg

テストダンパーはあくまでもストリート仕様。通常は快適な街乗りを、時にはワインディングを気持ちよく楽しく、で年に数回はサーキット走行も、なんて欲張り仕様です。
始めに装着済みのクアドラでの走行。タイヤの接地性やノーズの入り具合もまずまずの状態、でも伸び側の減衰不測で車両の動きが大きすぎる点は改善ポイントです。サーキットでは新たな問題点が出てきます。この変をいかにバランスさせるかが難しい所。
 P1090909s-.jpg
 P1090899s-.jpg

次にMONO FLEX吊るしのレート変更版、こちらはかっちりしたフィーリングで硬めの足はサーキット向けな感じ。縮み側の減衰がちょっと高いようでした。
最後にクアドラから付け替えしてMONO FLEXレフィル仕様。装着スプリングはクアドラと同じものを組替えて使用。
 P1090937s-.jpg
 P1090898s-.jpg
 P1090942s-.jpg

走行確認した後は何度もテインさんに仕様変更して貰った特別なダンパーなので期待も高まると共にテインさんからも2名ハイランドに来ていただいてるのでプレッシャーもそれなりです。
で、実際に走らせてみるとクアドラよりもちょっとリヤへの加重移動がし難い状態。フロント側の仕事量が多い感じかな、タイヤをいっぱい使っている感じ。リヤの縮みをしなやかにする方向でフロントからリヤにしなやかに加重移動するよう改善しないといけないようです。とは言っても四輪がしっかり接地していてリアのスライド感もズズズッって感じでしっかりグリップしてます。唐突な流れ出し感はほとんど無くって安心してコーナリングできました。

定価ベースで比較するとクアドラ、モノフレでは10万円の差があるので現状でもコストパフォーマンス的にモノフレックスがお薦めでしょう。一番のタイムが出てたのでもう少し詰めて最良のMONO FLEXに仕上げたいです。納得が出来る物を作るって大変です。
と言うことでテインさん、もう少しお付き合いお願いします♪

そんな感じで色々試して来ましたが、クアドラ、MONO FLEXともに改善の余地はあるけどサーキット初走行にしてはなかな上出来だと思います。
今日からまた次回へ向けて勉強開始です。
レフィルブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<HANS | ホーム | 航空祭だって♪>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示する

トラックバック
トラックバックURL
http://refilspeed.blog11.fc2.com/tb.php/849-44964def
| ホーム |